TOM's Blender

[はじめての blender](第3回)「Blenderの操作方法」

第3回の今回はBlenderの操作方法についての解説です。

Blenderの操作方法

まず、僕が選んだ「Blenderを使う上で大前提となる4つの操作」を解説します。

オブジェクトの生成方法

これはビューポートShift + Aを押すことでオブジェクトの追加メニューを呼び出すことができます。

上から順に鐘楼なものを説明していきます。

メッシュ

メッシュは名前の通り

面があるものを追加すると言う意味です。


テキスト

文字通りテキストを打ち込むことができます。

テキストをオブジェクト化することもできる。


アーマチュア

アニメーションやポーズを決める時にこれを使ってボーンをつける事によって楽に扱うことができます。


ライト

ライトは4つの灯り(ポイント・サーフェース・サン・スポット)を使い分けることができます。


カメラ

Blenderで3Dのレンダリングを行う際に必要なもので、このカメラで画角などを決めます。


スピーカー

スピーカーはそこから設定した音源を鳴らすことができます。カメラとの位置関係によって音量3D音響の場所が変わる。