TOM's Blender

GPU処理にするメリット

GPUについて知ろう

GPU(graphic processing Unit)はCPUにも付いているものがありますが(内蔵GPU)、それより強力なグラフィック性能を持っているのがいわゆるGPU(グラフィックボード)と言います。グラボということもありますね。

グラボは性能が高い代わりに発熱しやすいことや、価格が高いことなども挙げられ、手を出しにくいです。

ですが、最近ビットコインの値下がりでマイニング下がりのGPUが降りてきたこともあり、グラボの値段が下がっています。

割と手を出しやすいのではないでしょうか?

Blenderに必要なスペックについては下の記事で詳しく解説しています。

グラフィックボードを使うと、、、、

下の画像をレンダリングする時にかかる時間を比較してみましょう。

MacBookPro Mid 2015のスペック

CPU : Core i7 4870HQ 2.5GHz

メモリ : 16GB 1600mhz

GPU : R9 M370X

CPU内蔵のGPUでレンダリングした場合

レンダリングタイム

2:39s

GPUでレンダリングした場合(R9 M370X)

レンダリングタイム

2:03s

かなりの差が出ているのがわかると思います。

自分はMacBookProなのでノートパソコン、さらには型落ちという状況なのでGPU、CPUの性能は決して高い方ではありませ。が、それでもGPUの方はスコアが高いのがわかると思います。

動画になるとさらにレンダリングタイムが響きます。

設定方法

ここからはグラフィックボード搭載のPCの方向けの話になります。

編集

プリファレンス

 

左のタブの中から「システム」を選択

Cyclesレンダーデバイスを選択

私はMacなのでMetalという項目がありますが、グラボによって名称が変わります。

自分のもっているグラボを選択したら上書き設定して終了です。

この設定はBlenderを使う上でかなり重要な項目です。知らなかったという人もいるのではないでしょうか?

特にビューポートレンダリングの際もこの設定でレンダリング速度が変わります。

 

関連リンク