TOM's Blender

キーボードのすすめ[For Blender]

キーボードのすゝめ

How Flow

・US配列

・チルダの重要性

・テンキーはあってもなくても良い

・あとは好み

・自作という手

・筆者のおすすめキーボード

US配列

Blenderは視点の切り替えにチルダキーを使用することができます。

しかし、JISキーボード(以後JIS配列)にはチルダキーがありません。よってテンキーレスのJIS配列は通常の数字キーをテンキーがわりにする*しかありません。

*その方法はこちらで確認できます。

チルダの重要性

US配列の章でも解説しましたが、チルダはデフォルトで視点変更キーにバインドされています。

正直な話、別のキーにチルダの役割を担ってもらうのも手です。

ただ、チルダキーがちょうど良い位置にありすぎて別のキーに割り当てるのは私的にはないですねw

テンキーはあってもなくても良い

先ほどのリンクにある通り、テンキーの代わりは通常の数字キーだけで再現できます。

あとは好み

キーボードは人それぞれ好みがあると思うので、好きなのを使えばいいと思います。

ただ、私個人がお勧めするキーボードの条件に

US配列であること、FNキー(ファンクションキー)(F1,F2などのキー)がついているものです。

自作という手

キーボードって自分で作れるんです。

どうしても市販のキーボードで自分に合うものがないという方は、自作キーボードというアプローチもあります。

私は游舎工房という、自作キーボードをはじめ様々なパーツを販売しているサイトをおすすめします。

游舎工房のリンク

筆者のおすすめキーボード

私も使っているKeychron製のK3 ver1.0という75%キーボードです。

現在ではこちらのキーボードのVer2.0という物が発売されています。

現在は品切れ中ですが、商品のリンクを貼っておきます。

Keychron K3 Ver2.0商品ページ

 

テンキーが欲しい方は これまたKeychron製のK10というフルサイズキーボードがおすすめです。

Keychron K10 商品ページ

人気の記事